組込みLinux コンサルティングサービス

組込みLinux®コンサルティングサービス

Linux®を核とした組込みシステムの製品開発、量産品製造、保守まで開発技術・サポートサービスをご提供
オープンソースLinux®の利用により、高品質・短期間・低コストの組込みシステムが実現できます。
【画像】組込みLinuxコンサルティングサービス:TuxPenguin(ソード:SORD)

TuxPenguinの画像は、LarryEwing氏がGIMPを用いて制作したイメージを元に作成したものです。

この製品についてのお問い合わせは TEL:043-279-2600 FAX:043-279-2611 お電話でのお問い合わせ 受付時間9:00〜12:00 13:00〜17:30※土日祝日を除く

こんなご要望はございませんか?

【イメージ】組込みLinuxコンサルティングサービス:Linuxのお困り事(ソード:SORD)

導入

  • ベンダーやコミュニティーでBSP が用意されているが、どれを使えば良いのか?
  • どのパッケージを組み込めば良いのか?どのバージョンを使えば良いのか?
  • Linux®コミュニティーへの質問はどのように行えば良いのか?

設計

  • FPGA や CPLD で開発したデバイスをアプリケーションから使えるようにしたい
  • 以前開発したドライバーを、別のプラットフォームやバージョンで再利用したい
  • 有償の組込みLinux®ディストリビューションを無償のもので実現したい
  • 既存ドライバーに機能を追加したい
  • BSP を製品に合わせてカスタマイズしたい

検証

  • セキュリティーパッチを適用したいが、現在使用しているバージョン用が欲しい
  • システムの動作がおかしいが原因の特定ができない
  • クラッシュダンプやパニックログは採取できたが解析が難しい
  • 性能向上のためのチューニング方法がわからない
矢印

当社が持つLinux®組込み技術に関する豊富な知識・経験で、お客様の課題解決をサポートいたします。

このページのトップへ

Linux® コンサルティングメニュー

お客様がLinux®を導入されるにあたり、丁寧にコンサルティングを行います。
有効期間1年間80時間までサポートとなります。
基本的に電子メールでのサポートと必要に応じて定例ミーティングを実施します。



各種CPU対応

x86、MIPS®、ARM®、PowerPC®などの各種CPUへの移植や、ブートローダー(BIOS)ポーティング方法に関するご相談を承ります。

各種ディストリビューション対応

RedHat®、Debian®、Monta Vista®などのディストリビューションに合わせたLinux®カーネルやドライバーのポーティングを始めとし、Linux®カーネルのバージョン更新時に発生するトラブル解決のご提案、アプリケーション動作環境に関するご相談などを承ります。

開発ツールチェーン対応

アプリケーションプログラム開発に使用する、クロスコンパイル環境作成時のコンフィグレーション方法やバージョンアップ対応などのご相談を承ります。

チューニング・デバッグ支援

OS起動時間の短縮などのLinux®カーネル処理のパフォーマンス改善や、お客様が開発されたシステムのパフォーマンス測定、改善方法や障害発生時の解析方法などのご提案をいたします。

OS乗り換え支援

各種OS (TRON、Windows® CE等)からLinux®への乗り換えをお考えのお客様へ、デバイスドライバーやアプリケーション移植に関する問題点・疑問点にお答えします。

このページのトップへ

受託開発

ブードローダ・Linux®(ドライバー、ファイルシステム等)の
新規開発・カスタマイズが可能です。
お客様との打ち合わせにより要件定義と費用を見積りいたします。


  • デジタルTV用OS、ドライバー
  • SSD向けLinux®ドライバー開発
  • タッチパネル付きLinux®端末
  • 各種表示端末
  • 自販機向けコントローラー
  • 各種ARM®リファレンスボード
  • インテル®系Linux®カスタマイズ/サポート
  • 各種ARM®など組込み向けシステムへのLinux®移植
  • ブートローダー移植、カスタマイズ
  • 各種ドライバー作成
  • 開発ツール作成、カスタマイズ
  • 各種ディストリビューション対応

このページのトップへ

技術支援

性能向上チューニング、ダンプやログの解析を行います。
お客様との打ち合わせで問題の解決にかかる費用( 人数、時間等)を見積もりいたします。
必要なドキュメント(作業報告書)を提出いたします。


事例@  デジタルテレビ組込みLinux® 事例

POWER ON からアプリの最初の画面表示まで 32秒かかっており、早くしたい

ブートプロセスの分析、時間がかかる不要なプロセスの削除やドライバーのチューニング、
データ格納場所変更を行い画面表示まで11秒に短縮することができました



事例A 放送局向けサーバーカーネルパニック解析事例


放送局向けサーバーでカーネルパニックが発生し、
ダンプのログを採取できたが原因の特定ができない

弊社エンジニアの豊富な解析経験より、ソースコード解析、ダンプコードの分析を行い不具合要因を特定
ハードウェア不良やプログラム不具合を検出して解決することができました

このページのトップへ

開発事例

ロボット「制御用コントローラー」開発

  • 愛知万博向けに開発されたロボットの制御用コントローラー
  • MIPS®(東芝TX)+ Linux® + 各種I/O構成で開発

「交通情報表示用コントローラー」開発

  • 鉄道の運行状況案内を表示する端末
  • MIPS®(東芝TX)+ Linux®+ I/O制御アプリケーションの構成で開発

「金融機関向け「金利表示端末」開発

  • サーバーから配信される金利情報等を表示する端末
  • 東芝TX(RISC)+Linux®+通信プロトコル+端末アプリケーションの構成で開発
  • 量産品も製造(全国約4,000箇所の店舗に導入)

自販機向け「制御ボード」開発

  • ARM® CPU+Linux® 構成による産業用小型組込みコントローラー
  • 動作温度範囲(−20〜60℃)

【画像】組込みLinuxコンサルティングサービス:開発事例:(参考)ARMリファレンスボード開発(ソード:SORD)     【画像】組込みLinuxコンサルティングサービス:開発事例:(参考)交通情報表示用コントローラー開発(ソード:SORD)     【画像】組込みLinuxコンサルティングサービス:開発事例:(参考)金融機関向け「金利表示端末」開発(ソード:SORD)



このページのトップへ